Main Menu

Sub Menu

● ビル管理業界の現状

現在、日本にはたくさんのビルが建ち並んでいます。日常生活においても日々なにかしらのビルを利用しているものです。快適に利用できるようにビルを支えている業種があります。いわゆるビル管理(建築物管理)という業界です。

主にビル(建築物)を管理・運用し、維持しているのです。業界自体の歴史は、戦後となり長くはないのですが、この業界が日本の発展を支えたといっても過言ではないでしょう。戦前においては、ビルのような大規模な建築物はなく、それなりに大きなビルなどの建築物は直接オーナーが管理人や清掃人を雇用していましたが、戦後になり丸の内地区の数多くの建築物が連合国軍により接収され、その建築物を日本人に清掃させたことがビル管理の始まりと言われています。その後、高度経済成長に伴い建築物が増加しました。

その時に、清掃のみならずビルメンテナンス業やビルマネジメント業が発展していったのです。バブルを迎え、さらに業界は多様化し、拡大していったのです。しかし、バブルが崩壊した後は業界全体で値下げ合戦が行われ品質が無視されてしまい、業界全体のイメージ低下に付け加え、管理費の低下および賃金の低下等で業界全体が低迷しました。現代のビル管理業務は徹底されており、品質も向上して私たちは安心してビルを利用することができるのです。その立役者であるビルマネジメントやビルメンテナンスの方々の存在があってこそ、現代のビルは支えられていることを知って頂き、讃えてあげて欲しいものです。

 

[注目]
ビルメンテナンス業者を比較出来る一括見積もりサイトです ⇒ ビルメンテナンス